おすすめ商品
売れ筋商品

FIDDLER'S GREEN 『DRIVE ME MAD!』日本盤CD

型番 UNCL003
定価 2,160円(税160円)
販売価格

2,160円(税160円)

■収録曲
1. IRISH AIR
2. FOLK'S NOT DEAD
3. THE NIGHT PAT MURPHY DIED
4. SALONIKA
5. ROLLIN'
6. WHEN WILL WE BE MARRIED
7. ANOTHER SPRING SONG
8. BRETONIX
9. LUKEY
10. MARIE'S WEDDING
11. LONG GONE
12. I'M HERE BECAUSE I'M HERE
13. ALL THESE FEELINGS
14. (YOU) DRIVE ME MAD
15. CAPTAIN SONG
16. INTO YOUR MIND
17. SHAMROCK TUNES
18. DON'T LET GO

{BONUS TRACKS}
19. WHACK ME
20. CREEL 2007


「FOLK'S NOT DEAD!!!!!!!!!!!!!!!!」

2007年に発売された大名盤の再発/初日本盤化!!

まず今作発売に至まで、20年近く活動してきたバンドに大きな転機が訪れる。それはギター、ボーカルを始め、ブズーキ、マンドリン、ティン・ホイッスルと多くの楽器をこなすマルチ・プレイヤーで、更にバンドのメイン・ソング・ライターでもあるPeter Pathosの脱退である。この柱とも呼べる、大き過ぎる存在の脱退によりバンドはスタジオでの作業、ライブ活動、バンド自体の運営と大きな困難にぶつかった事であろう。

しかしそんな状況もなんのその。バンドは新たにPat Prziwara(ボーカル、ギター、マンドリン)という男を迎え入れ、更に爆裂したアイリッシュ・パンクとして生まれ変わったのだ!

スタジオでの作曲活動ではまず、全員が曲を持ち込み、それをバンドでアレンジして作り上げるという手法にチェンジした。それによりメンバーそれぞれのバンド意識の高まりは勿論、それぞれが曲を作れるという状況で、どんどんと持ち曲を増やしていく。

ライブでも臆する事無く、むしろバンドを引っ張る勢いを見せつけるPatのパフォーマンスは、ベテラン・パーティー野郎どもの他のメンバーにも負けていない。

それらの新しく進化したパワーの集大成が今作『DRIVE ME MAD!』だ。

今までのFIDDLER'S GREENはどちらかと言うと、アイリッシュ・トラッドとKORPIKLAANIやELUVEITIEと言ったフォーク・メタル、もっと言ってしまえばヴァイキング・メタルとの融合という言葉がしっくりきていたのかもしれない。しかし今作から彼らのサウンドは明らかに変わった。よりキャッチーに、よりパンキッシュに、よりお祭り騒ぎに。ベテランの意地による究極の若帰りか?とも思える程のパンク・サウンドに生まれ変わったのだ。

ツイン・ボーカルによる掛け合いもよりはっきりした物となり、Albi(ボーカル、アコースティック・ギター、マンドリン、バンジョー、ブズーキ)とPatの絡みはDROPKICK MURPHYSのAlとKenの掛け合いにも負けない強さを感じる。

ライブで欠かせない、彼らのスタンスを示した名曲"FOLK'S NOT DEAD"を始め、"IRISH AIR"、『SPORTS DAY AT KILLALOE』の日本盤(UNCL002)にもアコースティック・バージョンがボーナス・トラックとして追加収録された"THE NIGHT PAT MURPHY DIED"等今作キラー・チューンの連続としか言いようの無い名盤だ。毎回聴くものを絵本の世界、もしくは「ひょっこりひょうたん島」に連れてってくれるかの様な海賊ソングも勿論収録("CAPTAIN SONG")。

最後に今作に参加したゲスト・ミュージシャンについても紹介しておきたい。FIDDLER'S GREEN第7のメンバーでプロのホイッスル奏者Colin Goldie、彼は6枚目のフル・アルバム『ANOTHER SKY』からFIDDLER'S GREENのアルバムに参加して見事なロウ・ホイッスル、ティン・ホイッスル、フルート、バグパイプの音色を聞かせてくれる。勿論彼は『SPORTS DAY AT KILLALOE』でも吹いている。ライブ1000回記念DVD『CELEBRATE!』の"WEAVER'S REEL"で演奏していいる彼を見る事が出来るので気になった方は是非映像も見て頂きたい。彼は他にもドイツのアイリッシュ・スタイル・フォーク・ロック・バンドのCROMDALEでも吹いている。

"CAPTAIN SONG"で入る突き抜けた女性ボーカルはChristine Bayerleというアーティストだ。彼女はRainer(ベース、コーラス)がライブ・ブッキングとして関わっているインダストリアル・エレ・ポップ・バンド(!)、J.B.O.でも一曲デュオを披露している。気になる方は是非そちらもチェックしてみては?

同じく"CAPTAIN SONG"、間奏でファニーに喋っているのは『SPORTS DAY AT KILLALOE』の"SPORTS DAY THEME"でも見事な煽り実況を聞かせてくれるGeorge Kobrickという人物である。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら
「お客さまへ大事なお知らせ」
当ショップを携帯電話からご利用の皆様。お買い物、お問い合わせの前に「PCからのメール受信拒否」を解除される事をお勧め致します。当店からの「受注完了」「発送完了」「お問い合わせへの返答」は全てPCメールでのご返答のみとさせて頂いております。PCメールを拒否されたままですと、こちらからの情報が一切お届け出来ません。大変お手数ですが、ご理解の上で、ご対応またはお買い物を続け下さい。よろしくお願い申し上げます。

■Bands
ACROSS THE BORDER
AMERICAN ME
ARCHITECTS
ARSONISTS GET ALL THE GIRLS
AS BLOOD RUNS BLACK
THE BARONS OF TANG
THE BLACK TARTAN CLAN
THE BLUE BLOODS
CATHERINE
THE CEILI FAMILY
CHELSEA GRIN
CIRCLE J
THE CROAGH PATRICK
THE CURRENCY
DARKBUSTER
DOCKSIDE HOOKERS
THE DREADNOUGHTS
DROPKICK MURPHYS
EARTH CRISIS
EIKO GROOVE
THE EYES OF A TRAITOR
THE FACELESS
FIDDLER'S GREEN
FLATFOOT 56
THE GHOST INSIDE
GOGOL BORDELLO
GRANDNUDE
GREENLAND WHALEFISHERS
HEAVEN SHALL BURN
HEAVY HEAVY LOW LOW
IMPENDING DOOM
IN FEAR AND FAITH
IN SEARCH OF A ROSE
ION DISSONANCE
IWRESTLEDABEARONCE
Kelly Simonz's BLIND FAITH
LIGEIA
LOWER DEFINITION
MALLACAN
MAROON
THE MIGHTY REGIS
MoDERN B Beard
MR.IRISH BASTARD
MUSTANG
MUTINY
OF MACHINES
OTHER IRISH PUNKS
OTHER Oi PUNKS
PADDY AND THE RATS
RAFVEN
ROLO TOMASSI
Royal SHAMROCK
THE RUMJACKS
SEE YOU NEXT TUESDAY
STIGMA
SWORN ENEMY
TERROR
THROUGH THE EYES OF THE DEAD
VERY BE CAREFUL
VOLUME ACE
WAR FROM A HARLOTS MOUTH
WAR OF AGES
THE WELCH BOYS
WINDS OF PLAGUE
WRATH AND RAPTURE
YOUR DEMISE