ショップリード文

風待月の花の如く

1,000円(税91円)

購入数
歌手で作詞家の崎島じゅんと、作曲家でピアニストの三原あみが、作詞、作曲は出来ないけれど、世界でたった一つの自分のオリジナル曲を持ってみたいという夢を叶えてくれた作品です。

タイトルの風待月とは6月の水無月に対しての異称です。
令和3年は、風の時代と言われ、これまでの地の時代から、大きく考え方や生き方、価値観が代わり行く時。古き良き伝統や日本の言葉を大切にしながらも、新しい時代の風に乗って、新しい時代を生きて行きたい。
そんな思いの風の星座、双子座の自分への応援歌でもあり、また6月頃に咲く花をイメージして、雨多き季節の中で、雨に濡れながらも、大切な人への想いを胸にそっと秘め、穏やかな陽だまりや爽やかな風を待つ花のように、寄り添って生きて行きたい、そんな穏やかで心和む歌になってます。

歌唱:HIRO

おすすめ商品