ショップリード文

笛吹川伝説

1,200円(税109円)

購入数
タイトル曲「笛吹川伝説」は山梨県笛吹市に古くから伝わる民話「笛吹権三郎伝説」をテーマに作られた作品。
民話では、笛を吹くのが得意だった権三郎という若者が母と2人で山仕事などで細々と暮らしていた。楽しみは笛を吹くことで、母も権三郎の吹く笛が好きだった。
ある時、大雨で笛吹川は荒れ狂い、濁流にのまれた権三郎は助かったが母の姿はなかった。権三郎は母を探して毎日、笛を吹きながら川沿いを行き来した。ある朝、川で権三郎の遺体が見つかった。村人は憐れんで葬ったが、夜になると川の周辺から笛の音が聞こえ、村人たちは怖がった。話を聞いた長慶上人が読経したところ、笛の音はやんだ。それ以降、笛吹川と呼ばれるようになったという(窪田喜久子著「笛吹川沿いの民話」)。権三郎の祖先は、後醍醐天皇の忠臣だった日野資朝朝臣(あそん)の義弟・日野河内守道義とも伝えられている。
これらの民話とともに笛吹川と名付けられたこの川をテーマにドラマチックな歌が仕上がった。

おすすめ商品