ショップリード文

時の流れ

2,200円(税200円)

購入数
オリジナル曲や外国民謡日本語訳や日本の英語歌詞名曲、JAZZ演奏曲にオリジナル歌詞を乗せた曲などの様々なジャンルの歌と歌を繋ぎ合わせて作る物語アルバム。テーマは時の流れと共に浮かんでは消えゆく人の愛、家族愛。
表題曲【時の流れ】日本発のスタンダードJAZZを目指すJAZZサンバ曲、日本の英語名曲の【メリー・ジェーン】の日本語訳でボサノヴァアレンジ、同じく日本語訳の【人間の証明のテーマ】バラード、男女の出会いと結婚をテーマにしたオリジナル曲【桜の季節】、いじめ撲滅は温かな家庭からという思いを籠めて家族愛を強くテーマにしたオリジナル曲【冬の家路】、アメリカ民謡【The House of Rising Sun】の歌詞の輪廻転生の思いを込めた新解釈の歌詞、JAZZ演奏曲のBlue Bossaにオリジナル歌詞を乗せた青い波など、全10曲。
歌:深川隆成、ピアノ星野由美子、ベース篠宏昌、サックス/フルート大川修広、ドラムス秋田聡
解説【音楽評論家 瀬川昌久】だいぶ前からジャズボーカルを全て日本語にして表現する深川隆成というジャズボーカリストの活動に興味を抱いていたが、今回初のアルバム10曲が完成された。
内容をじっくり聴いてみると、本人の訳詞で歌った外国曲と、本人の作詞作曲による日本語のオリジナル曲、さらに日本の英語曲など、日本の伝統が究めて巧妙にアルバム化されているのに感心した。例えば、オープニングの1.「時の流れ〜The Flow of Time」などは外国のポップ曲を思わせる魅力的なオリジナルで、次の2.「朝日が昇る家〜The House of Rising Sun」、3.「メリー・ジェーン〜Mary Jane」へと違和感なく繋がって行く。4.「桜の季節」、5.「冬の家路」と日本情緒を見事にオリジナル歌曲化した後、嘗ての映画6.『人間の証明』のテーマを自作日本語歌詞で歌いきる。7.「愛しい我が子〜Danny Boy」、8.「聖者の行進~When the Saints Go」、9.「素敵な恵み〜Amazing Grace」の3曲がメロディと日本語ボーカルの一体感を強く感じさせ、そしてラストは、10.「青い波〜Blue Bossa」で深川のモダンジャズへの愛情の一端を示して終わる。
是非、このアルバムを聴いて彼の思いを感じて欲しい。2021.11.6 瀬川昌久

おすすめ商品